国内の医療分野におけるAI関連市場

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

国内の医療分野におけるAI関連市場

2019年、日本ではじめて医療用AI機器の製造・販売が、厚生労働省や第三者認証期間によって許可されました。今まで医療用AI機器は研究段階のものばかりでしたが、今後、多くの医療用AI機器が実用化・販売されることが予想されます。
研究機関、民間等、AIに関しての調査が色々発表されておりますが、あるシンクタンクの調査によりますと医療分野におけるAI関連の国内市場予測では2016年には37億円の市場が、2025年には4倍以上の150億円になるとの予測。
調査したシンクタンクでは「創薬システム」「診断支援/類似症例検索システム」「制約企業向けシステム」に分類し以下のように成長を予測。
AIによる計り知れない期待がもたれる一方、慎重論もあります。何より医師や医療現場、患者の立場に寄り添った開発がなされる事を期待したいものです。

■AI創薬システム

製薬企業内の実験データ、過去の論文データなどの事例を学習させたAIを用いることで、薬品開発の効率化を図り、企業の競争力に直結する製薬技術の向上ため、今後かなりの資金が投入される見込と予測。

■診断支援 / 類似症例検索システム

症例データや論文データを学習したAIが、医師の診断・治療方針の決定を補助するというもので、AIが医師の診察を補助した場合、診察の精度・効率は大きく向上すると予測。

■製薬企業向け営業支援AIシステム

医療機関向けに薬品を販売するいわゆるMRの業務を、AIシステムによって効率化させ、MRの顧客となる医療施設の動向、地域データなどを学習させることで、効率的な営業活動が可能と予測。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

コメントを残す