進む医療情報のクラウド化①

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

進む医療情報のクラウド化

医療情報のクラウド化は、日々のバイタルチェックだけに限りません。MRIなど、病院のあらゆる検査機器がクラウドにつながる必要があると考えていますし、2025年ごろには、その傾向が出始めていることでしょう。

たとえば、癌の疑いがある患者さんがいたとします。その患者さんは以前にも同じように癌に罹患しているのではと指摘され、数年前にMRIを撮影していたとします。

その過去の画像と今回の画像を照らし合わせれば、より確実な診断ができます。そしてこのような画像の管理や提供においては、クラウドは必須のテクノロジーです。さらに言えば、癌の診断を人工知能が画像解析で行うことも、2025年の未来では行われていることでしょう。

続きは次週へ

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────