医療分野におけるマイナンバー(パート2)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

保険者間の検診データの連係、予防接種の履歴の共有、医療保険のオンライン資格確認を現行の番号法の枠組みの中で対応を検討する一方、マイナンバーを用いて医療機関・介護事業者間の連携、本人への健康医療情報の提供・活用、健康・医療の研究分野における活用などを行う方向性が出されました。
(「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめ)

具体的には、医療保険のオンライン資格確認をできる限り、早期に導入するための検討を始め、医療分野におけるマイナンバーのあり方について、マイナンバーのインフラの活用、個人情報保護を含めた安全性と効率性・利便性の両面が確保された情報連携の仕組みを検討する、ということになっています。

この方向性を受け、国として保険者間の検診データの連係、予防接種の履歴の共有などを盛り込んだ番号法改正案を提出し、可決成立しました。2020年7月からは医療保険システムの効率化・基盤整備を目指し、医療保険のオンライン資格確認を行える仕組みの導入が検討されています。さらに、国民皆保険であるという利点を生かし、医療保険の資格確認の仕組みを、医療連携への活用につなげようとしています。

医療保険のオンライン資格確認とは、現在、健康保険証の券面の書き取りで行っている資格の確認を、健康保険証ではなくICカードの提示によってオンラインで被保険者の資格情報を確認することによって、書き取りミスや確認ミスによる過誤請求を少なくし、正確な医療費請求を行えるようにするものです。また、ICカードの提示で健康保険証の役割を果たすことができるため、個人番号カードに健康保険証機能を付与する際の前提ともなりますので、個人番号カードの健康保険証としての利用に大きな一歩をもたらすことが期待されています。

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です