マイナンバーカードの普及促進を狙った「健康保険証機能」付与

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

いわゆるマイナンバーカードを健康保険証として利用できる規定を設けることや、被扶養者の要件に国内居住要件を加えるなどの改正を盛り込んだ「医療保険制度の適正かつ効率的な運営を図るための健康保険法等の一部を改正する法律」(改正健康保険法)が5月15日参議院本会議で成立しました。

政府は、マイナンバーカード(個人番号カード)の普及促進に向けて、①2021年3月からマイナンバーカードの健康保険証利用の仕組みを本格運用、②2022年度中に概ねすべての医療機関でマイナンバーカードによる資格確認を導入することが、6月12日開かれた厚生労働省の社会保障審議会・医療保険部会で確認された。マイナンバーカードの利便性を上げ、マイナンバーカードの普及を促す狙いがあります。

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

医療分野におけるマイナンバー(パート2)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

保険者間の検診データの連係、予防接種の履歴の共有、医療保険のオンライン資格確認を現行の番号法の枠組みの中で対応を検討する一方、マイナンバーを用いて医療機関・介護事業者間の連携、本人への健康医療情報の提供・活用、健康・医療の研究分野における活用などを行う方向性が出されました。
(「医療等分野における番号制度の活用等に関する研究会」の中間まとめ)

具体的には、医療保険のオンライン資格確認をできる限り、早期に導入するための検討を始め、医療分野におけるマイナンバーのあり方について、マイナンバーのインフラの活用、個人情報保護を含めた安全性と効率性・利便性の両面が確保された情報連携の仕組みを検討する、ということになっています。

この方向性を受け、国として保険者間の検診データの連係、予防接種の履歴の共有などを盛り込んだ番号法改正案を提出し、可決成立しました。2020年7月からは医療保険システムの効率化・基盤整備を目指し、医療保険のオンライン資格確認を行える仕組みの導入が検討されています。さらに、国民皆保険であるという利点を生かし、医療保険の資格確認の仕組みを、医療連携への活用につなげようとしています。

医療保険のオンライン資格確認とは、現在、健康保険証の券面の書き取りで行っている資格の確認を、健康保険証ではなくICカードの提示によってオンラインで被保険者の資格情報を確認することによって、書き取りミスや確認ミスによる過誤請求を少なくし、正確な医療費請求を行えるようにするものです。また、ICカードの提示で健康保険証の役割を果たすことができるため、個人番号カードに健康保険証機能を付与する際の前提ともなりますので、個人番号カードの健康保険証としての利用に大きな一歩をもたらすことが期待されています。

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

先生が電子カルテ導入の決め手とは

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

医療系雑誌社のアンケート調査によると、当初導入した電子カルテを使い続けている先生が約8割以上、
残り2割弱は他社に切り替えたという事になります。

オンプレミス型の電子カルテは
機材のリース契約と合わせ通常5年前後の保守契約を結ぶ事が多く、契約の更新時期がそのタイミングのきっかけになっているようです。

切り替えする理由はさまざまあると思いますが、代表的な回答では「ランニングコスト」「機能の不足・不満」
「サポートに対しての不満、サポート切れ」が主な理由で、中には「高額な更新料」という回答もあるようです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

医療分野におけるマイナンバー(パート1)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

日本医師会は、「個人番号カードの券面に個人番号が記載されていることから、患者のプライバシーの保護や安心の観点から単純に容認できない」との見解を表明しています。

日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会は共同で、マイナンバーとは異なる医療等IDの導入が必要であるとの声明を発表しています。

理由としては、マイナンバー制度が生涯不変の番号であるため、「過去から現在治療中の病気、死後にいたるまで紐付けされる」ということを指摘し、医療等IDは必要な場合には「忘れられる権利」「病歴の消去」「管理番号の変更」「複数管理番号の使い分け」などが担保される議論が必要だとしています。

何かあった際に、病歴の過去が万が一マイナンバーの流出等によって明らかになった場合、その損害は大きなものとなる可能性があり、その損害は回復不可能なものとなる可能性が高いです。

これが日本医師会、日本歯科医師会、日本薬剤師会が反対する大きな理由の一つともなっているようです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

2020年診療報酬改定について

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

今年は2年に一度の法改定の年にあたり、3月~5月位まで医療業界は対応に追われ、もっとも気が抜けない季節を迎えます。

今回の改訂の大まかな特徴としては以下をご参照ください。
・医療機能の分化・強化、連携を促進。同時に、医師を中心に医療従事者の働き方改革の推進を意識した内容で今回の特徴として国が推し進める働き方改革に沿って、医療従事者や医師等の負担軽減に関する項目を多く盛り込まれているようです。
・医師の働き方改革に関しては、2024年4月から医師の時間外労働に上限規制が適用される予定で、診療報酬改定でも労働時間短縮に関する取り組みを後押し。特に地域の救急医療を担う医療機関に配慮。
・入院料の改定では、一般病棟用の重症度、医療・看護必要度の見直しが大きな目玉の1つ。
・外来医療においては、かかりつけ医機能のさらなる強化が重要なポイントの1つとなったようです。
(医療業界誌記事参照)

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

2020年度診療報酬改定情報

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

財務省の財政制度等審議会(榊原定征会長)は「令和2年度予算の編成等に関する建議」(11月25日)を取りまとめ、生太郎財務相に手渡した。

改定については、「2年間でマイナス2%半ば以上のマイナス改定とする必要がある」と指摘。診療報酬本体についても、「賃金や物価の水準と比べて高い水準となっており、同様の観点からマイナス改定により是正していくべき」とした。

日本医師会など医療関係団体が診療報酬のプラス改定を要望するなかで、年末に向けた予算編成の議論が熱を帯びることになりそうだ。(医療系マーケティング企業記事抜粋)

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

先生が電子カルテを切り替えた理由とは

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

医療系雑誌社のアンケート調査によると、当初導入した電子カルテを使い続けている先生が約8割以上、
残り2割弱は他社に切り替えたという事になります。

オンプレミス型の電子カルテは
機材のリース契約と合わせ通常5年前後の保守契約を結ぶ事が多く、契約の更新時期がそのタイミングのきっかけになっているようです。

切り替えする理由はさまざまあると思いますが、代表的な回答では「ランニングコスト」「機能の不足・不満」
「サポートに対しての不満、サポート切れ」が主な理由で、中には「高額な更新料」という回答もあるようです。

先生が電子カルテ導入を決めての上位5までをみると
1番はイニシャルコスト、2番は導入サポート、3番は保守サポート、4番はランニングコスト、5番はカスタム設定という回答が占めています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテシェア、オンプレミスとクラウドの比較(パート2)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

オンプレミス型とクラウド型のメリット、デメリットについて参考データをもとに大まかにみると

価格面ではクラウド型が低コストで導入が出来るが、カスタマイズや他社とのシステム連携はクラウド型では制限があり自由度は低い。

また全てベンダーまかせの為、障害時に自院で対処出来ない。

セキュリティー面ではオンプレミス型は院内の中だけのネットワーク環境なので情報漏えいやウィルス感染のリスクが軽減と言った事が上げられています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテシェア、オンプレミスとクラウドの比較(パート1)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

医療系雑誌社のアンケート調査によると、電子カルテを導入している開業医(回答クリニック)はオンプレミス型が主流のようです。

しかし、開業年数別でみると5年未満の先生はクラウド型導入のシェアが高い傾向があり
20年以上のクリニックもクラウド型への切り替えが高まっている傾向が見られ、
これは近年、在宅診療の利用も見据えて導入されているのではないかと予想がなされています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテは今後の医療発展の鍵!(パート2)

おはようございます。アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

電子カルテのデータ活用は、今後の医療を発展させる大きな鍵となる可能性を秘めているようですが、さまざまな課題もあり、せっかくのデータがあっても活用の為には行政、医療業界の一体となった取組みと対応が必要です。

行政では「医療情報化支援基金」を創設し課題に取組む医療機関への補助を行う事を決定し、標準化推進に向け動き出しましたが、まだまだ課題は山積しており手探り状況という現状です。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────