開業にあたって3

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

◆医療機関を選ぶ情報源
・家族、友人、知人からの意見を聞く・・・約50%
・インターネットの情報を調べる・・・約46.0%
・かかりつけ医師に相談する・・・約38%
・新聞、雑誌、本等の情報を調べる・・・約10%
・電話帳を調べる・・・約6%

◆増患ポイント
(1)来院患者満足度向上・・・口コミ向上
(2)ホームページの充実・・・患者さんが求める情報
(3)来院動機チェック・・・広告媒体の見直し

◆HPで知り得たい情報
1. 治療方針
2. 疾患に関するQ&A
3. 医院情報(クリニック休診、混雑状況など)
4. 院長経歴や院長の人となり
5. スタッフの人となりだそうです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

開業にあたって2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

3. 医院設計は動線が肝。
動線は「患者動線」と「職員動線」がなるべく交差しないように実績を見て事務所選択する事をお勧めします。
設計事務所に実績を問うときは、自分と同じ科の医院を手掛けた件数を確認することや、可能ならその医院名まで確認できれば望ましい。

4. 設備は当初はリースを基本に必要最低限で。
リース料の支払い総額は、購入より2割ほど高くなりますが、それでも開業時の資金繰りが楽になるメリットは大きく、税金面でも、リース料を経費で落とすのと、購入費を減価償却するのとでは大差は出ないようです。

5. 広告宣伝で注力すべきはネット広告。
開業前にプレサイトを設け、開業後は頻繁な更新が必要。ブログをされる事も有効。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

開業にあたって1

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

1. 全国の診療所数は10万件以上で首都圏を中心に多くの地域で近くに競合医院が存在する。
その中で継続的に成功するには充分な戦略を立てることが不可欠。
そのキーワードは差別化ということだそうでマーケット事情をよく調べずに開業すると、競合との差別化戦略が十分でない場合も。
開業から2〜3年で資金ショートを起こし、医院を閉めて勤務医に戻り、銀行からの借入れ金を返済し続けている医師もおられる事例もあるようです。

2. 開業時の資金調達は都市銀行より地方銀行や信用金庫が有利といわれている。
地方銀行や信用金庫など地域密着型の金融機関は、ほぼ無担保・無保証で開業資金を貸してくれるようです。
55歳以上で開業したい医師は政策金融公庫の『シニア起業家支援資金』という制度があるようで、金利は少し高くなりますが、他の金融機関より返済期間が長く、月々の返済額を抑えられるとの事。
また、金融機関の交渉時には「据え置き期間」の相談を忘れないようにとの事、一定期間は利息のみの返済とし、元金の返済が猶予される契約だそうである。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

病院・クリニックの受付が求められることとは?

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

「初心忘れべからず」「相手の立場にたつ」といった根本的なことを日頃の多忙な環境の中で、どこか見失っている事がどの業界でもあるかもしれません。特に医療現場の「顔」である受付/会計は患者にとっては特別な存在です。今一度、患者の観点に立ち返りることも大事ではないでしょうか。以下は、某医療支援の企業の報告ですが参考に、ご紹介させて頂きます。

病院・クリニックの受付が求められることとは?

来院した患者が最初に訪れる場所、それが受付です。言わば病院やクリニックの「顔」である受付に対して、患者はどのようなことを期待しているのでしょうか?
病院やクリニックには、様々な気持ちを抱えた人が来ます。いろいろな思いで来院した患者が最初に接するスタッフ、それが受付です。人と人が接するとき、第一印象はとても大切です。ファーストコンタクトから安心や信頼を感じていただくことが求められます。
「顔」としての役割は、来院したときだけでなく電話での対応も含まれます。電話は顔が見えない分対応が難しく暗く感情のない声や分かり辛い説明、忙しい時には、あからさまに雑な対応を受けることもあります。これから来院しようと思っていても、電話口での対応が悪いと行きたくありませんよね。いつもより明るいトーンの声を意識し、診療案内や道案内などはマニュアル化する等、より丁寧な対応が求められます。
多くの患者が受付と接する機会は、最初の診察券を渡すときと最後の会計のときではないでしょうか。診察や検査を終えて会計をするとき、ここでの印象もファーストコンタクトと同様に強く残ります。終わり良ければ総て良しという言葉があるほど、去り際の印象は大切なのです。
つまりは会計時に患者が期待することは、正確な金銭授受のほかにはありません。明細書に書かれている内容は多くの患者にとって馴染みのあるものばかりではありません。会計時、具体的な明細内容の相互確認がされないのは病院やクリニックぐらいだと思います。知識のない患者にとって提示された金額が正しいものなのかを判断する方法は、会計担当者に聞くことだけです。特に高額となっている場合や、通常とは違う検査などの項目がある場合には、患者に聞かれなくとも説明してほしいと感じます。
来院した患者は、十人十色で抱えた気持ちも様々です。そっとしておいてほしい人もいれば、話を聞いてほしい人もいます。とにかく早く帰りたい人に対して、丁寧すぎる対応をするのは逆効果です。とても難しいことですが、一人一人の状況や気持ちに寄り添った声掛けや対応ができることが理想的です。「顔」としても、会計担当としても、受付に期待されることは事務的なものを除きマニュアル化できるものではありません。洞察力や判断力、対応力は実際に経験して初めて身に付くものです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

3.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

「初心忘れべからず」「相手の立場にたつ」といった根本的なことを日頃の多忙な環境の中で、どこか見失っている事がどの業界でもあるかもしれません。特に医療現場の「顔」である受付/会計は患者にとっては特別な存在です。今一度、患者の観点に立ち返りることも大事ではないでしょうか。以下は、某医療支援の企業の報告ですが参考に、ご紹介させて頂きます。

3.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

■スタッフがきちんと話を聞いてくれる
何時間も待ったのに診察はほんの数分。これじゃあ何しに来たか分からない。」という話を聞いたことはありませんか?この言葉から分かることは、患者が医療行為だけでなく内面的なケア、拠り所を求めているということです。医師や看護師は患者にとって特別な存在で目を見て話しを聞いてもらえるだけで、不思議と心配や不安な気持ちが和らぐように感じます。
受付で症状等を聞くときも同じことが言えます。ろくに話も聞かずに決めつけたり、いつもと同じ、誰かと同じと一括りしたりするのではなく、目の前の患者とよく向き合ってください。病は気からと言います。他愛のない会話であっても、その一言で救われることがあります。医療業務や事務作業が山積みであっても、患者の声に少しでも耳を傾ける努力をしてほしいと思います。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

2.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

「初心忘れべからず」「相手の立場にたつ」といった根本的なことを日頃の多忙な環境の中で、どこか見失っている事がどの業界でもあるかもしれません。特に医療現場の「顔」である受付/会計は患者にとっては特別な存在です。今一度、患者の観点に立ち返りることも大事ではないでしょうか。以下は、某医療支援の企業の報告ですが参考に、ご紹介させて頂きます。

2.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

■初診でも丁寧に対応してくれる
第一印象の良さ(好感度)とも置き換えられます。初めての来院は誰でも緊張します。院内の設備やシステムも分からず、再診に比べて時間もかかるため、患者は不安感またストレスが溜まりやすい状況にあります。
「もう来たくない」そう思われないためには、丁寧に接することが大切で、特に個人クリニックの場合、初診で行くと疎外感を感じてしまうことがあります。お手洗いや診察室、検査室などの場所も分からないのに、誰も説明してくれない・・・それではまた来ようとは思いません。「案内表示もあるし、狭い院内だから説明しなくても分かるだろう。」「困っていれば聞くだろう。」そういった自分本位な思い込みは禁物で、医療現場で働くスタッフと患者の知識が同じはずがありません。治療のこと、院内のこと問わず、どんなに細かいことでも説明する、困った顔をしていれば声を掛けてみる、これが鉄則ではないでしょうか。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

1.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

「初心忘れべからず」「相手の立場にたつ」といった根本的なことを日頃の多忙な環境の中で、どこか見失っている事がどの業界でもあるかもしれません。特に医療現場の「顔」である受付/会計は患者にとっては特別な存在です。今一度、患者の観点に立ち返りることも大事ではないでしょうか。以下は、某医療支援の企業の報告ですが参考に、ご紹介させて頂きます。

1.選ばれる病院・クリニックの特徴とは?

■清潔である
建物や設備が新しいということでは無く、清掃が行き届いた病院やクリニックであるかが重要との事です。ポイントは目線だそうで、スタッフはほとんど立仕事のため、座っていることが多い患者とは見ている場所が違うため、あまり目につかない床や壁、スタッフのエプロン、靴やズボンの裾などが、患者からはよく見えます。細かい事でも不快になる神経質な人もいます。また、あまり使われていなさそうな検査室や不特定多数が使用する器具等は独特の雰囲気があり、実際には清潔にしていたとしても、患者が不潔だと感じたらそれは清潔な清掃が行き届いているとは言えません。消毒していることを患者に伝えたり、照明器具を明るいものに変えたりするだけでも印象は違います。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

国内の医療分野におけるAI関連市場2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

国内の医療分野におけるAI関連市場

2019年、日本ではじめて医療用AI機器の製造・販売が、厚生労働省や第三者認証期間によって許可されました。今まで医療用AI機器は研究段階のものばかりでしたが、今後、多くの医療用AI機器が実用化・販売されることが予想されます。
研究機関、民間等、AIに関しての調査が色々発表されておりますが、あるシンクタンクの調査によりますと医療分野におけるAI関連の国内市場予測では2016年には37億円の市場が、2025年には4倍以上の150億円になるとの予測。
調査したシンクタンクでは「創薬システム」「診断支援/類似症例検索システム」「制約企業向けシステム」に分類し以下のように成長を予測。
AIによる計り知れない期待がもたれる一方、慎重論もあります。何より医師や医療現場、患者の立場に寄り添った開発がなされる事を期待したいものです。

■AI医療導入メリット

「画像診断」「過去の論文との照合」「データの整理・入力」といった多くの医療データを扱う業務に適している。
最近ではコンピュータや画像診断装置の高性能化もあり、高品質の画像データがいち早く取得できるようになっています。また、患者数の増加などを要因として、医療現場での業務量が増大しており労力がかかっている業務の効率化を図るべく、また医療現場での適切な診断・治療を推進するためにもAI技術に期待が寄せられています。

■AI医療導入デメリット

AI医療は処理スピードや正確性が向上してはいるものの、まだ発展途上の技術です。例えば、過去の医療データを参考にする場合、症例が少ない病気の場合には正確性に疑問が残ります。
ディープラーニング技術が発達したとはいえ、まだ複数の症例の診断を同時に行うことはできないようで、また、機器やソフトの誤作動やプログラムのバグなどによる誤診の可能性もゼロとは言い切れず、現状においては万能とはいえません。

■AI医療の取り組み

厚生労働省では平成29年に開催した「保健医療分野におけるAI活用推進懇談会」の報告書のなかで、「ゲノム医療」「画像診断支援」「診断・治療支援」「医薬品開発」「介護・認知症」「手術支援」の6つの分野で、AIを活用した取り組みを目指すとして官民での積極的な取組みが始動しています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

国内の医療分野におけるAI関連市場

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

国内の医療分野におけるAI関連市場

2019年、日本ではじめて医療用AI機器の製造・販売が、厚生労働省や第三者認証期間によって許可されました。今まで医療用AI機器は研究段階のものばかりでしたが、今後、多くの医療用AI機器が実用化・販売されることが予想されます。
研究機関、民間等、AIに関しての調査が色々発表されておりますが、あるシンクタンクの調査によりますと医療分野におけるAI関連の国内市場予測では2016年には37億円の市場が、2025年には4倍以上の150億円になるとの予測。
調査したシンクタンクでは「創薬システム」「診断支援/類似症例検索システム」「制約企業向けシステム」に分類し以下のように成長を予測。
AIによる計り知れない期待がもたれる一方、慎重論もあります。何より医師や医療現場、患者の立場に寄り添った開発がなされる事を期待したいものです。

■AI創薬システム

製薬企業内の実験データ、過去の論文データなどの事例を学習させたAIを用いることで、薬品開発の効率化を図り、企業の競争力に直結する製薬技術の向上ため、今後かなりの資金が投入される見込と予測。

■診断支援 / 類似症例検索システム

症例データや論文データを学習したAIが、医師の診断・治療方針の決定を補助するというもので、AIが医師の診察を補助した場合、診察の精度・効率は大きく向上すると予測。

■製薬企業向け営業支援AIシステム

医療機関向けに薬品を販売するいわゆるMRの業務を、AIシステムによって効率化させ、MRの顧客となる医療施設の動向、地域データなどを学習させることで、効率的な営業活動が可能と予測。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

オンライン資格確認に対応するため、医療機関等の「医療情報化支援基金」を創設

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

オンライン資格確認を行うためには医療機関や保険薬局が窓口に「カードリーダー」などを設置することが必要で、「導入コスト」が生じることになります。

このため、改正健康保険法では「医療情報化支援基金」を創設(2019年度予算では300億円を計上)。

医療機関における初期の設備導入経費などを補助するとともに、「電子カルテの標準化」(例えば、異なるベンダーの電子カルテシステムのデータを連結するコンバータシステムの導入など)に向けた経費も補助するようです。

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────