先生が電子カルテを切り替えた理由とは

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

医療系雑誌社のアンケート調査によると、当初導入した電子カルテを使い続けている先生が約8割以上、
残り2割弱は他社に切り替えたという事になります。

オンプレミス型の電子カルテは
機材のリース契約と合わせ通常5年前後の保守契約を結ぶ事が多く、契約の更新時期がそのタイミングのきっかけになっているようです。

切り替えする理由はさまざまあると思いますが、代表的な回答では「ランニングコスト」「機能の不足・不満」
「サポートに対しての不満、サポート切れ」が主な理由で、中には「高額な更新料」という回答もあるようです。

先生が電子カルテ導入を決めての上位5までをみると
1番はイニシャルコスト、2番は導入サポート、3番は保守サポート、4番はランニングコスト、5番はカスタム設定という回答が占めています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテシェア、オンプレミスとクラウドの比較(パート2)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

オンプレミス型とクラウド型のメリット、デメリットについて参考データをもとに大まかにみると

価格面ではクラウド型が低コストで導入が出来るが、カスタマイズや他社とのシステム連携はクラウド型では制限があり自由度は低い。

また全てベンダーまかせの為、障害時に自院で対処出来ない。

セキュリティー面ではオンプレミス型は院内の中だけのネットワーク環境なので情報漏えいやウィルス感染のリスクが軽減と言った事が上げられています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテシェア、オンプレミスとクラウドの比較(パート1)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

医療系雑誌社のアンケート調査によると、電子カルテを導入している開業医(回答クリニック)はオンプレミス型が主流のようです。

しかし、開業年数別でみると5年未満の先生はクラウド型導入のシェアが高い傾向があり
20年以上のクリニックもクラウド型への切り替えが高まっている傾向が見られ、
これは近年、在宅診療の利用も見据えて導入されているのではないかと予想がなされています。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテは今後の医療発展の鍵!(パート2)

おはようございます。アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

電子カルテのデータ活用は、今後の医療を発展させる大きな鍵となる可能性を秘めているようですが、さまざまな課題もあり、せっかくのデータがあっても活用の為には行政、医療業界の一体となった取組みと対応が必要です。

行政では「医療情報化支援基金」を創設し課題に取組む医療機関への補助を行う事を決定し、標準化推進に向け動き出しましたが、まだまだ課題は山積しており手探り状況という現状です。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテは今後の医療発展の鍵!(パート1)

おはようございます。
アガペシステムです。

今週から業界の情報を定期的に配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

さて、業界の動向をみますと電子カルテがためているデータには、AIの学習用データや新薬、医療機器開発また改良への活用に課題はあるものの期待の目が寄せられているようですね。

活用が出来ると、新薬を投与後、患者さんの症状に関するデータがこれまでよりも手に入りやすくなり、新薬、医療機器開発では、新薬を開発できたとしても、その疾患を持つ患者さんがどこの医療機関にいるかの情報入手に時間がかかるようで、ここでも電子カルテのデータが活用できれば、すぐに分かるようになると期待されているようです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
クラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

電子カルテのお知らせ・最新情報

このサイトでは、電子カルテ関連の情報や業界のお話し、最新情報などを発信します。

週一回間隔で記事をアップしていきますので
どうぞご覧ください。

 

電子カルテは長年の実績と信用の「MindTalk」
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722