AIによって医療業界はどう変わる?パート2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

AIによって医療業界はどう変わる?

(医療情報サイトの記事を参照)

医療業界におけるAIの将来性

AI補助による個別化医療
複数の患者が同じ病気だと診断されたとしても、一人ひとりの患者の身体や生活習慣など異る為、医師は患者一人ひとりの置かれている状況に合わせた診療計画を立てなければいけません。

しかし、従来の医療は「この病気にはこの治療と薬」といった標準化されたガイドラインがあったため、複数の患者に同じ薬を投与しても、ある患者は副作用が強くでて治療を継続できないという問題が生じてしまいました。

近い将来、AIが患者の検査画像や診断データに基づいて診療計画の作成をサポートする事により、今まで以上に患者一人一人に最適な医療が提供できるようになり、「この体質の人には副作用が強く出るのでこの薬は使えない」といった一人ひとりの患者に異なる治療を行えるようになり、患者はより適切な医療を受けられるようになるというのです。

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

AIによって医療業界はどう変わる?

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

AIによって医療業界はどう変わる?

(医療情報サイトの記事を参照)

ヘルスケアが変わる

政府が進めているAIホスピタル計画<ヘルスケアの分野にAI(人工知能)を活用すること>によって、より正確な診断が行えるようになる様で、さらには、患者や医師にとっても大きなメリットが得られるというのです。

例えば、患者が医師の診察を受けている時、医師はパソコンの画面を観ながら話していることが多い?のではないでしょうか。患者としては、そういった態度の医師があまり信頼できないという見方をする人もいるかもしれません。

AIを活用することで、パソコンに組み込まれたAIが患者と医師の会話を認識して、自動で診察記録を作成し、医師は患者と向き合って話ができるようになるとの事。

さらに、医師が患者へ診断内容や治療方針について説明する際も、AIが患者に分かりやすいように説明補助をして、医師と患者とのコミュニケーションを増やし、より信頼関係を築けるようになるとの事。

医師不足が問題となっていますが、AIのヘルスケア分野での活躍によって、医師不足の問題解決や業務負荷の低減が可能となるという。

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

絶対に休めない医師の風邪対策2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

絶対に休めない医師の風邪対策

先週の続き

ミネソタ大学の研究では、金属やプラスチックなど、表面が滑らかなところについたインフルエンザウイルスは、24~48時間は生存が可能だということがわかりました。電車やバスのつり革、エレベーターのボタン、ドアノブ、階段の手すり、オフィスの電話など、表面がつるつるしていて不特定多数の人が触れるものには注意したほうがいいでしょう。

役所や銀行で書類を書くときに、備え付けのボールペンを使うのも心配ですから、自分で「マイペン」を持ち歩くといいでしょう。

アメリカのカリフォルニア大学の研究データによると、睡眠時間が6時間未満だと風邪をひくリスクが4.2倍となり、5時間を切ると4.5倍になってしまうそうです(Sleep. 2015 Sep 1;38(9):1353-9.)。
また、時間がなくても朝食を食べたほうがいい理由があります。朝食を抜くと死亡リスクが1.3倍に上がるのです。これは、鳥取大学の横山弥枝先生の研究で、朝食抜きはあらゆる生活習慣病に関係するうえに、がん、循環器疾患の死亡リスクにも影響を与えていたのです(Yonago Acta Med. 2016;59:55-60.)。
*日経電子版ブックコラム抜粋(医師 大谷義夫氏対談)

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

絶対に休めない医師の風邪対策1

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

絶対に休めない医師の風邪対策

エーザイの調査では、7割もの人がマスクを正しく使えていませんでした。マスクの誤った使い方の例としては、「ウイルスが付着したマスクのフィルター部分を触ってしまっている」が43%、「マスクを外した後、手洗いできていない」が54%だったのです。

マスクを付け外しするときは、ゴムひもの部分だけを持って行わなければなりません。これができていない方が意外と多いのです。また、マスクは使い捨てが基本。それなのに、先ほどの調査では、「2日以上同じマスクを使用」と答えた人が17%いました。

衛生的ではありませんよね。アメリカのミネソタ大学の研究では、インフルエンザウイルスが、衣服や紙、繊維の上で8時間ほどは生存が可能だということがわかりました。マスクについたウイルスが次の日も生きている可能性は高いのです(J Infectious Dis. 1982;146:47-51.)。

次週に続く

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

オンライン資格確認について

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

オンライン資格確認は、マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号等により、オンラインで資格情報の確認ができることをいいます。

医療機関で変わることは、窓口で直ちに資格確認が出来ること。保健医療が受けられるか否かが即時に確認できる事。それによりレセプトの返戻、窓口の入力の手間が軽減。
オンライン化により支払基金、国保中央会の情報が医療機関に提供が出来るようになる。

<メリット>
・保険証の入力の手間の軽減
・資格過誤によるレセプト返戻の作業削減
・来院まえに事前確認できる一括照会
・照会番号によるレセプトコンピュータ等の紐付け
・限度額適用認定証等の連携
・薬剤情報・特定健診情報の確認

<懸念事項>
・取り違えリスクの増加
・患者情報のクラッキングリスク:レセコン、電子カルテの院内システムがインターネットに接続されることになり、患者の医療情報という繊細な情報がクラッキングリスクに曝される。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

コロナの終息が見えない中において2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

コロナの終息が見えない中において、ある大学教授が日本の医療、そして、診療所、調剤薬局などの医療機関に起きる変化を予想

医療機関の経営者も同じような未来像を予測されておられるのではないでしょうか。オンライン診療で一部の医師に患者が集中する一方、米国のように、大病院が、かかりつけ医や調剤薬局をネットワーク化するという動きが出てくる可能性があるという。大病院のITシステムのもと、かかりつけ医がネットワーク化され、患者情報が一元化されれば、患者側のメリットも大きいとの事。

感染拡大が継続する地域との往来により、新型コロナが再流行するというシナリオは現実味を帯びており、当面、「アフター・コロナ」(新型コロナ収束後)というより「ウィズ・コロナ」(新型コロナと共存)の時代を想定した方が良いであろうとの見解。

日本医療のIT化については、これまで医療者側が慎重であった。しかし、新型コロナとの共存はそうした考え方を変える契機になったのではないかという。非接触の医療であるオンライン診療の普及は、一部の医師への患者集中を招く可能性があるが、大病院を中心とする、かかりつけ医のネットワーク化により患者情報の一元化につながる事で、それは、「ウィズ・コロナ」の社会に十分なプラスをもたらすのではとの見解。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

コロナの終息が見えない中において1

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

コロナの終息が見えない中において、ある大学教授が日本の医療、そして、診療所、調剤薬局などの医療機関に起きる変化を予想

新型コロナ感染拡大の影響が出てくるのは、大病院ではなく、欧州のような、かかりつけ医制度というものがないので、患者が医療機関を自由に選択できる診療所や調剤薬局との事。

新型コロナ感染対策で、これまで再診にしか認められていなかったオンライン診療が初診についても認められる規制緩和が行われた。新型コロナと共存する中で、プライマリーケアのオンライン診療が普及してくれば、オンライン診療システムの価格の下落も起きうる。そうなれば、医療機関もオンライン診療を始めやすくなると同時に、逆にオンライン診療に対応していなければ患者が減って経営が悪化してしまう可能性もあり、また日本の診療報酬制度では、患者数の減少は医業収入の減少にも直結する。厚生労働省が、新型コロナによるリアルの患者数の減少をオンライン診療で補ってもらおうとしても、全国からアクセスできるオンライン診療では、著名医師のような一部医師に患者が集中してしまう可能性を示唆。

そして、オンライン診療の著名医師への集中は、調剤薬局の在り方にも影響を与えると言う。薬さえ入手できれば、薬局には行きたくないと考えている人は少なくないようでインターネットや電話、FAXによる処方箋の提出や薬剤の宅配という便利さを好む人は調剤薬局に新しい機能を求めるだろうし、ドラッグストア併設の調剤薬局で買い物のついでに薬剤を取りに行くといったこともさらに増えるのではないかと予測。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

開業にあたって3

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

◆医療機関を選ぶ情報源
・家族、友人、知人からの意見を聞く・・・約50%
・インターネットの情報を調べる・・・約46.0%
・かかりつけ医師に相談する・・・約38%
・新聞、雑誌、本等の情報を調べる・・・約10%
・電話帳を調べる・・・約6%

◆増患ポイント
(1)来院患者満足度向上・・・口コミ向上
(2)ホームページの充実・・・患者さんが求める情報
(3)来院動機チェック・・・広告媒体の見直し

◆HPで知り得たい情報
1. 治療方針
2. 疾患に関するQ&amp;A
3. 医院情報(クリニック休診、混雑状況など)
4. 院長経歴や院長の人となり
5. スタッフの人となりだそうです。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

開業にあたって2

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

3. 医院設計は動線が肝。
動線は「患者動線」と「職員動線」がなるべく交差しないように実績を見て事務所選択する事をお勧めします。
設計事務所に実績を問うときは、自分と同じ科の医院を手掛けた件数を確認することや、可能ならその医院名まで確認できれば望ましい。

4. 設備は当初はリースを基本に必要最低限で。
リース料の支払い総額は、購入より2割ほど高くなりますが、それでも開業時の資金繰りが楽になるメリットは大きく、税金面でも、リース料を経費で落とすのと、購入費を減価償却するのとでは大差は出ないようです。

5. 広告宣伝で注力すべきはネット広告。
開業前にプレサイトを設け、開業後は頻繁な更新が必要。ブログをされる事も有効。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

開業にあたって1

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

ある医療系サイトで開業するにあたっての特集記事をみまして、開業に携わるコンサルタント企業の観点から分析した情報ですが開業しようという医師は承知している事かもしれません?

1. 全国の診療所数は10万件以上で首都圏を中心に多くの地域で近くに競合医院が存在する。
その中で継続的に成功するには充分な戦略を立てることが不可欠。
そのキーワードは差別化ということだそうでマーケット事情をよく調べずに開業すると、競合との差別化戦略が十分でない場合も。
開業から2〜3年で資金ショートを起こし、医院を閉めて勤務医に戻り、銀行からの借入れ金を返済し続けている医師もおられる事例もあるようです。

2. 開業時の資金調達は都市銀行より地方銀行や信用金庫が有利といわれている。
地方銀行や信用金庫など地域密着型の金融機関は、ほぼ無担保・無保証で開業資金を貸してくれるようです。
55歳以上で開業したい医師は政策金融公庫の『シニア起業家支援資金』という制度があるようで、金利は少し高くなりますが、他の金融機関より返済期間が長く、月々の返済額を抑えられるとの事。
また、金融機関の交渉時には「据え置き期間」の相談を忘れないようにとの事、一定期間は利息のみの返済とし、元金の返済が猶予される契約だそうである。

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────