進む医療情報のクラウド化③

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

先週の続き

旧来のメーカーは淘汰される?

しかし同領域の専門家であるアップルやグーグルが、一からクラウドに特化した医療機器を開発した方が早いですし、より良いものが安くできるでしょう。

前回記事で指摘したように、テスラと旧来の自動車メーカーの開発スタイルの違いと、まったく同じ論理です。

そのため既存の医療機器メーカーは淘汰される、あるいはアップルやグーグルにOEMを依頼される。そのような未来が来ると私は予測しています。

医療機器分野では、マイクロソフトも参入するでしょう。

ホロレンズです。2019年の2月にヨーロッパで行われたイベントでは、医師がホロレンズを装着し、自動診断のデモを行っていました。

 

続きは次週へ

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────