おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

本記事では、医療機関での情報漏えいが起こるパターンを踏まえながら、
特にクリニックで問題となりそうなポイントを中心に、
その原因や対策についての紹介。(医療業界サイト:取材記事抜粋)

医療機関で情報漏えいが起こるケースとは?

患者情報を扱うクリニックが気をつけておきたいこと

まず、医療機関による個人情報漏えいが起こる原因について、
2018年に発表された論文
「医療提供者が起こした個人情報漏えいの事故原因に関する研究」(参考)で、
以下の11のカテゴリが紹介されています。

①盗難、②置き忘れ、③紛失、④廃棄関連、
⑤誤送付・誤配布・郵送中の事故、⑥メール誤送信、
⑦クラウドサービス設定ミス、⑧不適切な持ち出し、
⑨意識的な開示・目的外使用・過剰な情報提供、
⑩不適切な開示、⑪不正アクセス。

 

情報漏えい事例では、「置き忘れ」と「紛失」、
または持ち出し禁止の情報をコピーするなどして外部に持ち出した結果、
紛失などをしてしまう「不適切な持ち出し」が多く見られます。

こうしたケースの多くは、患者の個人情報を運用する上で
「これくらいならいいだろう」という気の緩みに起因しているといえるでしょう。

 

続きは次週へ

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ

診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」

電子カルテ レビュー

電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────

Categories:

Tags:

Comments are closed

information

住所
〒167-0051
東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL 03-6276-9711
FAX 03-6276-9722

営業時間
月〜金: 9:00 AM – 18:00 PM
土曜日: 9:00 AM – 13:00 PM

このサイトについて

電子カルテと医事会計システムを国内で初めて連動させたオンプレミスタイプの電子カルテ「MindTalk」

電子カルテのオンプレミスタイプ(設置型)は情報システムの設備(ハードウエア)を院内で保有し、院内の設備において運用する電子カルテシステムです。

デモンストレーションを全国無償で行っておりますので、診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」を是非、お試し下さい。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。