2020~2030年における日本の医療

おはようございます。
アガペシステムです。

今週も業界の情報を配信していきます。
どうぞよろしくお願いします。

 

2020~2030年における日本の医療

2030年には日本人口は1.2億人まで減少し、3人に1人が高齢者という超高齢化社会を迎えるとされています。
圧倒的な規模の高齢者を支えるべく日本の医療がどのような変化を遂げるかについて、某コンサルタント企業による日本の医療について主要な傾向として想定される点を予測。

コンシューマリズムの立ち上がりに伴い「患者」や「保険者」の影響力が増加

マイナンバーに続く医療用の個人IDの導入により、カルテ情報を含む電子健康記録を患者自身が一元管理し、オンラインコミュニティを介して得られた情報も活用しながら、積極的に治療意思決定に関与するようになる。

皆保険制度の存在に加え、健康寿命の長さゆえ健康的な生活を意識的に送る習慣が少ない国民性により、健康維持/疾病予防に対する意識は直ぐには高まらず、また、医師への信頼も比較的厚いことから、自ら医療を選択するコンシューマリズムの立ち上がりは欧米と比べて緩やかだろう。

ただし、後述の保険制度の見直しにより、コンシューマーを管理する保険者(本稿では行政・企業相当の主体を指す)からの健康維持への強制力が高まると、コンシューマリズムが一気に加速する可能性もある。

(某コンサルタント企業の医療の未来予測記事抜粋)

 

 

これから電子カルテの導入を検討されていて、
インターネットを介したクラウド型の電子カルテよりも
院内(自社)の設備として管理したいとお考えの先生へ
是非、当社の電子カルテをお試しください。

電子カルテ
診療所(クリニック)向け電子カルテ「MindTalk」
電子カルテ レビュー
電子カルテ レビュー

導入実績

 

─────────────────────────────────────
電子カルテ開発・販売メーカー
アガペシステム株式会社
〒167-0051 東京都杉並区荻窪5丁目27-8 FCビル6F
TEL. 03-6276-9711 FAX 03-6276-9722
─────────────────────────────────────